乳酸菌生産物質にはアトピーは効くのか徹底検証

こんにちは、Biogenics Tokyoです。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
今回は生まれつきよくありますアトピーに関して書いていきたいと思います。

そもそもアトピーとはどのようなものなのか

正式名称:アトピー性皮膚炎とは?
アトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。

1)皮膚の炎症を伴う病気です

アトピー性皮膚炎とは、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。
主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です。一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。【湿疹の特徴】

赤みがある、じゅくじゅくして引っかくと液体が出てくる、ささくれだって皮がむける、長引くとごわごわ硬くなって盛り上がる

左右対称にできることが多い

おでこ、目のまわり、口のまわり、耳のまわり、首、わき、手足の関節の内側などに出やすい

ご家族にアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどの人がいる場合、その体質を受け継いで、やはりアレルギーを起こしやすくなることがあります。また実際にご本人がそういう病気をわずらったことがある場合も、アレルギーを起こしやすい体質と考えられます。このような体質のことをアトピー素因と呼びます。

皮膚は、表面の皮脂膜やその下の角質細胞、角質細胞間脂質などがバリアの役割を担っており、外からの物質の侵入や水分の蒸発による皮膚の乾燥を防いでいます。アトピー性皮膚炎では、これらの「皮膚のバリア機能」が弱まっているため、外からの異物が容易に皮膚の中まで入りこみやすい状態になっています。「皮膚のバリア機能」はもともとの体質もありますが、皮膚を引っかいたりこすったりといった物理的な刺激や、汗、石鹸、化粧品、紫外線などによっても低下します。

2)原因はバリア機能異常と免疫の過剰反応

良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、長期にわたり皮膚の炎症が続くアトピー性皮膚炎。炎症は、本来は体の外から侵入してきた敵と戦って退治する免疫反応によって起こるもので、細菌やウイルスなどから身を守るために必須のものです。しかし、アトピー性皮膚炎ではこの免疫が過剰に反応し、本来退治する必要のないものに対しても不必要に炎症が起きてしまうことが病気の根本にあります。
免疫が過剰に反応する理由としては、もともとのアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)や皮膚のバリア機能低下も大きく関係しますが、他に、長期間皮膚に加わる強い刺激やストレス、疲労なども免疫を不安定にしてアトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。

ダニ、カビ、ほこり(ハウスダスト)など皮膚への物理的な刺激(引っかく、こするなど)化学物質(石鹸、化粧品、金属、消毒薬など)汗、皮膚の汚れ、紫外線など

皮膚科学に特化した製薬企業、マルホ
Redhead beautiful baby with atopic dermatitis

つまりは体の免疫機能が働きすぎて起こってしまう

上記の文から読み取れるように、身体の主にアレルギーの反応など(ウィルスなど)を含むものに対して体には制御する免疫機能があるのですが、その免疫のバランスが効きすぎて肌があれてしまったり、アトピーが出てしまうということになっております。

炎症は、本来は体の外から侵入してきた敵と戦って退治する免疫反応によって起こるもので、細菌やウイルスなどから身を守るために必須のものです。しかし、アトピー性皮膚炎ではこの免疫が過剰に反応し、本来退治する必要のないものに対しても不必要に炎症が起きてしまうことが病気の根本にあります。


解決法として主にステロイド外用薬がある

Close up dermatitis on skin, ill allergic rash dermatitis eczema skin of patient , atopic dermatitis symptom skin detail texture , Fungus of skin ,The concept dermatology, treatment fungal and fungal

よく聞く治療法としてあるステロイドとは人間の副腎という臓器で作られているホルモンの1つのことを指します。

その効能としては体の中の炎症や免疫力を抑えたり、体内の糖や電解質の代謝に関わるなどの大切な役割を果たしています。そもそもこのよく知られているステロイドが発見されたのは、今から70年以上も前になります。こちらは1948年には薬としてはじめてリウマチの患者さんへ使われたと言われております。その後、ステロイド薬は飲み薬だけでなく、塗り薬や吸入薬、点眼薬など、幅広い病気の治療薬として使われています。

アトピー性皮膚炎の治療の3本柱

アトピーの方はケアする際によく知られている3本柱がございます。

  • 原因・悪化因子の除去
  • スキンケア
  • 薬物療法です

となります。こちらの3つをしっかり守ることでよくなっていくとされております。

通常治療に難治のアトピー性皮膚炎に乳酸菌生産物質を投与し緩解がみられた47才女性例の臨床報告などもあります

東京女子医大心研研究部心筋症研究室では臨床実験が行われており、乳酸菌生産物質との関係性が記されたものもございます。こちらには

20年前に開発、基礎的、臨床的研究実績がある「生源R」(豆乳の乳酸菌発酵産物を含むサプリメント。飲用にて各種の難治疾患に奏功改善を示している)を患者自身が看護師であるため検索した結果、学術的内容の正当性を発表者の著書で知り、それを試用したい要請があった。その後3カ月使用により改善、緩解していく経過を示した。上記の「生源」については3種類を併用した。
その結果
アトピー性皮膚炎はいわゆる難治性疾患であり、それに対して乳酸菌生産物質を連用したことにより病状の質的、量的改善が得られた事を写真によって経過観察し得た貴重な臨床例である。とありました。

東京女子医大心研研究部心筋症研究室

とありました。

身体を整えるためには腸管免疫が大事?

人間の腸管には、500種類以上もあり、個数ベースで言いますと約100兆個の腸内細菌が生息しております、これだけいうとかなりの量があるかと思いますが、それぞれ別の役割を果たしているのです。ほとんどのメインの役割としては一定の構成比を保った腸内細菌叢(腸内フローラのことを指します)を形成しています。 
そして実際にこの中に存在するのがいわゆる「腸管免疫」です。腸管免疫には「免疫細胞の数が多い」また、「病原細菌に対抗するために免疫を活性化する半面、栄養を摂り入れるためには免疫を抑制する」など優れた特徴があることがわかってきています。
この「病原細菌に対抗するために免疫を活性化する半面、栄養を摂り入れるためには免疫を抑制する」という部分が大事でありまして、腸内環境を整えることでこれが活発に働くことができるんです。

腸内環境を整えるためには食事が一番

腸内環境を整えたり、善玉菌応援をしてくれる食べ物一覧
こちらをぜひチェックしてみてください。

善玉菌が作り出す代謝物質(乳酸菌生産物質)が腸内で働き・吸収され、ヒトの健康維持に貢献してくれることを意味します。
*バイオジェニックスに該当する食品成分はほかにも、ビタミンC・E・ベータカロチン・リコペン・ルテイン・フラボノイド・アントシアニン・カテキンなど多数あります。

当社では乳酸菌生産物質を販売しております、ご興味がありましたらぜひみて行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA