乳酸菌のつくりだす物質が人体に総合的に働きかけるメカニズムについて

そもそも乳酸菌生産物質とは何か。

「乳酸菌生産物質」とは、乳酸菌が発酵する過程でできる物質のことです。乳酸菌そのものではなく、乳酸菌が生み出した発酵代謝物のこと。人間の腸内には、なんと1000種類以上、100兆個もの腸内細菌が生息していると言われ、絶えず相互に影響しながら様々な活動をしています。腸内細菌叢(腸内フローラ=腸内のお花畑)です。

詳しくはこちら

腸内フローラとは?

その腸内のことを腸内細菌叢(腸内フローラ=腸内のお花畑)と呼び、一般的に、健康な人の腸は善玉菌が優勢で、健康を害している人の腸は悪玉菌が優位になっていると言われています。ちなみに、便は「たより」と読み、健康のバロメーターは、便を見るとわかるとも言われています。また最新の研究では、善玉菌でも悪玉菌でもないどっちつかずの日和見菌が腸内細菌のほとんどを占めていて、食べたものや環境、ストレスなどで、その日和見菌が善玉菌にも悪玉菌にもなることもわかっています。

詳しくはこちら


どのように働きかけるのか

現在、一般的には腸内の環境を改善させる(善玉菌を増やす)食品は、大きく3つに分かれております。プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニックスの3種類に分類されています。プロバイオティクスは、乳酸菌の生菌や生菌製剤をとることで、考え方としては腸内環境を改善させるという方法であり、オリゴ糖のようにビフィズス菌のエサとなるような物質を摂ることで、腸内環境を改善しようというのがプロバイオティクスです。

しかしながら、加齢ともに腸内フローラの機能性は次第に低下していきます。低下する原因とは、善玉菌のビフィズス菌自体が減ってくるのです。従って、腸自体が老化している状態に善玉菌や善玉菌のエサとなるようなものを外からいくら摂取させたところで、その多くは体外に出てしまいます。

そこで、腸単体のコンディションに関係なく、腸内環境を改善させる方法として医療関係者が注目しているのがバイオジェニックス(乳酸菌生産物質)の考え方です。

私たち人は、恋をしたり、喧嘩をしたりすると、汗やホルモンなどの様々な分泌物が出るように、腸内細菌たちも生きて活動する中で、様々なものを生み出しているのです。その発酵過程の中で生み出されたものを、「乳酸菌生産物質」といいます。つまりこれは、健康な人の腸内で起こっている良い環境を再現しているのと同じこと。この「乳酸菌生産物質」を分析しますと、高濃度のアミノ酸、ビタミン、ミネラルや様々な微量栄養素の集合体です。これらが私たちの腸壁から吸収され、血液に乗って各種臓器や細胞(ミトコンドリア)まで届けられ、生命活動のエネルギーとなっているのです。

「乳酸菌生産物質」は乳酸菌そのものとは違って、生きた菌ではありませんので、飲んでも胃酸や胆汁の影響を受けることなく腸まで届き、吸収されると免疫細胞の働きを活性化するなど体にとって様々な良い働きをすることがわかっています。


当店では乳酸菌生産物質を販売しております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA